投稿日:

日本の持ち家思考~扶桑町の土地情報~

前回と同様に扶桑町で土地情報を探す前に、賃貸に住み続けるか、自分の家を建てるかについての話を続けます。どうすれば日本の持ち家思考がかわるか、賃貸のシステムがもっと利用者に利用しやすくするのがポイントだと書きましたが、今回は敷金について考えてみます。扶桑町で土地情報を探し、住宅を検討する際には賃貸の敷金、名目は、退去時に住む前の状態に戻すことを目的とした費用だと思いますが、このお金の使い方が業者によってマチマチなのが、賃貸が煙たがれる理由の一つだと思います。本当に修繕すべきところを修繕して、余ったお金は利用者に返却されるのが筋だと思います。しかし、、一部のあまりよろしくない業者により、本来修繕を必要としないところを修繕したり、余った敷金を返さない、しかも敷金の設定自体が3か月近くとるような輩がいるおかげで、なんやかんやで持ち家思考が続いてしまっているのではないでしょうか。従いまして扶桑町で土地情報を探す際には、このような状況が改善されることで、賃貸の利用のしやすさが向上し、結果として日本の持ち家思考が改善されていくのでは思います。

投稿日:

一軒家を購入する~犬山市の土地情報~

犬山市で一軒家を購入する際、新築か中古を買うかで悩む方は多いと思います。日本の場合、大半がやはり新築を好み、世間には住宅展示場の案内だの、建売の案内だのがたくさん溢れています。犬山市で土地情報を探す人も同様です。20~30代が家を購入することを検討した際も、ほとんどが家を買う=新築というのを想像し、事実、実際に行くのは住宅展示場なことが多いと思います。これが現在の日本の現状です。しかし、最近では犬山市も空き家問題も出てきており、そのせいか中古市場も少しずつ活発になってきています。また、そのおかげで、リフォームやリノベーション業界も大変注目を浴びております。犬山市でも土地情報とともに中古情報も多く出回っています。そのため、実際はまだまだ新築を買おうとする人が圧倒的に多いことが事実ではありますが、中古という選択肢も立派に存在しているかと思います。新築と中古、みなさんならどちらを買いますか?そりゃもちろん、可能であるなら新築を買いたいという意見が大変ですよね。ただ、現実人により収入の差というのがあります。ここからは新築と中古についていろいろと考えてみたいと思います。

投稿日:

新築を押す方の意見(犬山市の場合)

前回と同様、犬山市で新築を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。まず、世間の認識について考えてみたいと思います。前回、犬山市で住宅を検討している大多数は圧倒的に新築を押すということを書きましたが、新築を押す方の意見としては大きく3つあるかと思います。一つは、中古はリフォームや修繕などで何かと費用がかかるというイメージがあるということ。確かに、築年数が経った物件を買った場合、耐震工事や見た目も含め、多額の費用がかかってしまうこともあるでしょう。二つ目は、中古自体のイメージが日本では悪いという意見。中古に出されたということは何かしたらのワケあり物件だという考えがあるように見えます。三つ目は、最初にも書きましたが、やはり一軒家購入=新築という固定概念があること。予算にもよりますが、せっかく高いお金をかけるので、新築のほうがよいという考えです。このような世間の考えからわかるのは、これから長く住むならやはり新築がいいだろうという考えです。

投稿日:

自分で設計して各務原市で家を建てる

前回と同様、各務原市で一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。引き続き、各務原市で新築を購入する人が思う意見を挙げていきましょう。新築を買うことで、自分たちの意見やアイデアが反映された家を買いたいという考えがあります。同じように、時間をじっくりかけて自分で設計したいという人も大勢いることでしょう。部屋の数や大きさなど。また、2階建ての場合、階段を設置する位置は本当に個人差が出るところです。このようなことは、注文住宅であるならある程度は実現可能なので、新築ならではの特徴だと言えます。これらの意見をまとめると、各務原市で新築を建てることで、自分たちの暮らしにあうような家を作れることができ、結果として長く住むことができると考える人が多いといえるのではないでしょうか。また、以前も書きましたが、やはり新築というのは一種の憧れとも表現することができ、そのためにある程度人は奮発することで新築を建てられるのではないでしょうか。

投稿日:

新築は自由度がある~名古屋市で注文住宅を建てる~

前回と同様、名古屋市で一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。引き続き、名古屋市で新築を購入する人が思う意見を挙げていきましょう。新築は自由度があり、またそもそも一種の憧れがあるということを前回書きました。今回は、このような新築特有の考えでなく、中古に対してこう考えるから、新築がよいという意見を考えてみたいと思います。まずは、中古ということは、前オーナーが存在することとなりますが、そのオーナーに騙されるのではという意見。名古屋市で家を購入する場合、口がうまい前オーナーに騙されて購入してしまう恐れがあるのではないでしょうか。同じように、以前どんな人が住んでいたか、どんな風に住んでいたかわからないため、そのこと自体が生理的に受け付けないという考えもあるのではないでしょうか。次に、中古を買って住んでも、何年もしないうちに、床が抜けてしまいそうとか、ドアの建てつけや、網戸の建てつけが悪いなど、メンテナンスが必要だから新築がいいと思う人もいるのではないでしょうか。

投稿日:

中古市場が活発な岩倉市

前回と同様、岩倉市で一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。引き続き、岩倉市で新築を購入する人が考える、中古の印象を挙げていきましょう。まず、家を建てるという行為は一生に一度だから、中古ではなく新築を建てたいという意見です。確かにそうなのですが、最近では岩倉市の中古市場が活発であり、また人々の生活スタイルも変化しているため、家の購入は人生で一度というわけでもなくなってきたかとは思います。次に、中古で安く購入しても、結局はメンテナンス代がかさんで、結果として新築並みの費用がかかってしまうのではないかという意見です。中古にメンテナンスが必要なのはいうまでもないですが、メンテナンスが必要なのは新築も同様で、新築を購入しても、同時に将来のためのメンテナンス代を貯金する必要があるので、結果としてこの意見もあまり該当するケースは少ないのではないでしょうか。まとめますと、今回出した意見はいずれも必ずしも該当しないケースと言えるのではないでしょうか。

投稿日:

15年から20年でリフォームが必要(一宮市の場合)

前回と同様、一宮市で一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。引き続き、一宮市で新築を購入する人が考える、中古の印象を挙げていきましょう。まず、新築のほうが、自分が最初なので愛着がわくという意見です。これも別に間違った意見ではないと思いますが、愛着は新築も中古も変わらずでてくるものではないかと思います。次に、一宮市の住宅は大体が15年から20年でリフォームが必要になると謳われているから、そういう意味でも築年数の経過した中古は価値がないという意見です。こちらの意見も、価値がなくなるというのは正しいと思います。事実、一宮市の中古物件は築年数が経過したものは、建物代はほぼゼロで、土地代のみが購入費となっているケースが多いからです。しかし、この意見も、最近は、これまでも書いている通り、リノベーション技術の発達により、中古物件の価値は再び見出すことができるのではないでしょうか。まとめますと、今回も出た意見も、必ずしも該当しないケースと言えるのではないでしょうか。

投稿日:

中古住宅の安全基準(大口町の場合)

前回と同様、丹羽郡大口町で一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。引き続き新築を購入する人が考える、中古の印象を挙げていきましょう。まず、中古だと安全基準がイマイチだったり、何かしらどこかに欠陥があるのではという意見です。安全基準といいますと、最近では耐震技術が該当すると思いますが、確かに耐震の基準は何年か毎に更新されているため、古い物件では安全基準がイマイチということもあるかと思います。丹羽郡大口町では無料で耐震診断も行っています。次に、どこか欠陥があるという意見ですが、主に配管や床下など、普段見えないところが悪くなってしまっているケースが該当します。内装はリフォームされてとても綺麗だが、このような目に見えないところに実は重大な欠陥があったということもあり得ます。まとめますと、今回のケースは確かに該当することがあるといえばあります。しかし、丹羽郡大口町でホームインスペクターに事前チェックしてもらうことで、このような懸念は解消することができるのではないでしょうか。

投稿日:

地域コミュニティー(小牧市)

前回と同様、一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。引き続き、小牧市で新築を購入する人が考える、中古の印象を挙げていきましょう。まず、中古の場合、小牧市は既に地域コミュニティーが発達しているため、近所付き合いが大変だから、それが真っ新な新築がよいという意見です。確かに、以前住んでいた人の評判もあるし、以前の住民と比較されてしまうこともあるでしょう。そういう意味では、田舎である小牧市など地域によってはコミュニティーが非常に窮屈でストレスがたまる地域も存在するのでは思います。次に同じような意見として、隣人に癖があるかもしれないから、やはり人間関係が真っ新な新築に住みたいという意見です。これについては、そのようなケースがあることは事実ですが、中古購入前に隣レベルの住民なら、どんな人が住んでいるかのリサーチをかけることは可能ではないでしょうか。まとめますと、地域自体のコミュニティーが元々貧弱なケースがあることを理由に、新築を購入するのはまあ理由にはなるかと思いますが、隣人については事前チェックである程度防ぐことができるのではないでしょうか。

投稿日:

中古の印象(江南市)

前回と同様、一軒家を購入する際の、新築か中古かについて考えてみたいと思います。引き続き、江南市で新築を購入する人が考える、中古の印象を挙げていきましょう。まず、何かしらだれかが住んたところは、なんとやく嫌だ、または前に住んでいた人が、どのような家族構成で住んでおり、もしも亡くなった人がいるのなら、そんな物件は住みたくない。だからこそ新築がよいという意見です。江南市で中古を購入する際、確かにだれがどのように住んでいて、なぜ手放したのかは気になるところですね。また、その物件に住んでいた人がその家の中で亡くなったなんて事実があった時にはほんと居てもたってもいられなくなってしまいますね。今回の意見もまあ該当するケースはあるのではないでしょうか。しかしながら、人が亡くなるというのは、その亡くなり方にもよると思います。例えば自殺の場合は売りにでることは少ないから、そういう心配はしなくてもよいのではないでしょうか。自然死の場合、知ることは困難かも知れませんね。。。そういう意味では今回の意見は、江南市で新築を購入したい理由にもなるのではないでしょうか。